FC2ブログ
エロゲ レビュー ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【臭作】
臭作

syusaku1.jpg

メーカーelf
シナリオ■■■■■■■■ 8
グラフィック■■■■■■■■■ 9
キャラクター■■■■■■■■■ 9
音楽■■■■■■□ 6.5
魅力的な非攻略キャラ■■■■■■■■■■ 10
総合【A】 80点

凌辱ってスバラシイ(?)

大御所エルフの記念すべきWindows版第一作は、このオッサンが女子高生に追い込みをかける「臭作」なる陵辱系ソフトでした笑。本当にエルフという会社は、大御所のくせにそういう節目とかを気にしないあたりが大好きです。

【シナリオ】
前作の故・遺作様の弟である臭作大先生が私立お嬢様音楽学院寮で大暴れする作品です。寮の管理人として学院寮にもぐりこんだ臭作大先生が、いたるところにカメラやビデオを仕掛け、盗撮によって得た獲物をもとに生徒にゆさぶりをかけHに持ち込む陵辱ゲーですね。伊頭家三部作にして、一番の名作なんじゃないかなと思います。とにかくよく出来たゲーム性というかシステムというか…ほんっとうに面白いんすよ!コレ!

各ヒロインの行動予測を立てながら、どこにカメラやビデオを効率よく仕掛けて、いつ回収するかなどを考えつつ臭作を操っていきます。時間内により勿論臭作の行動回数にも限度がありますし、仕掛けたからといってそこでいいネタが取れるという保障も全くありません。各ヒロインの行動と合致しなければならないわけですね。また、どのタイミングで脅しをかけるかなども考えながら行動していかないと、キャラによっては堕ちるまで至らず反撃に出られてお縄を頂戴…なんてこともしばしば。非常に高い戦略性を問われるゲームなんですよ…なのでいい絵が撮れていた時なんかはなんというか、ええ、凄い達成感といいますか優越感といいますか……危険なゲームですねコレは笑

こんなふうに字だけ追っているとすごい鬼畜なんですけど、臭作大先生の微妙なギャグセンスとキャラクターが作品をおどろおどろしくさせないのも非常にうまい演出です。

また本作、ただ陵辱しつくして終わるわけではないところがさすがの蛭田作品ですね。陵辱系のゲームはそんなにプレイしているわけではないのですが、大抵は主人公(プレイヤー)が下衆で女性を攻略していくものだと思います。本作も例に漏れずその形式なわけですが、その設定を逆手にとったラストのドンデン返しは度肝を抜かれました。Hシーンの度に視点を引いた第三者(ユーザー)視点か臭作視点かを選択できるのも、ただユーザサービスというわけではなく、そのラストへの伏線となっているとは当初思いもしませんでした。

と、伏字すれすれのとこですが…。

絵里以外の全員を陵辱状態にし、且つ臭作視点のHを繰り返し続けていると、絵里VSユーザールートに入ります。ゲーム内で臭作視点を繰り返し続けることにより、ユーザーがゲーム内の臭作に、そして臭作大先生がPCの向こうでユーザーに、と入れ替わってしまいます。

そして絵里だけは、ゲーム開始時から臭作大先生とゲーム全体の違和感に気づいています。彼女はことあるごとに臭作大先生を問い詰めてきますし、仕掛けた罠も決定的なところはすべてかわされてしまいます。そしてラスト、PC画面のこちら側にいる臭作大先生・ユーザーに語りかけてくる絵里、メニュー画面などでナビゲーター役のキャラがユーザーに語りかけるってのはよくありますが、このように本筋の一番の山場でこれを行うってのは、なんというか凄い勇気というか奇抜で個人的には面白かったです。そりゃーね、絵里とここで手合わせない人などいないでしょっ



【グラフィック】
さて、おなじみのエルフ起動画面で、いきなり妖精が臭作大先生にレイプされるのがもうセンスあふれる感じではありましたが…。

原画は堀部秀郎さん、本当におつかれさまでした。前述の通り、Hシーンで視点を変えることができるというのが凄かった本作、ただでさえエロシーンがくそ多いというのに、1シーンにつき2パターン描かなければならなかった堀部さんは大変だっただろうと思います。しかしおかげさまで当時たくさんお世話になりますた m(_ _)m。この手のゲームは、面白いものはえてしてHシーンが淡白なものが多いですが、この濃さは賞賛に値しますよ。作画も僕好みで良かったです。

臭作大先生の気持ち悪さもよく出ていますね笑



【キャラクター】
どのお嬢様もそれぞれ高い魅力を持っていますので、征服感といった本能的欲求をものっそい満たしてくれます。典型的お嬢様キャラの渚…だからこそ落とした時の向こうの失望感がたまらない、超高飛車な香織…だからこそプライドをへしおるのがたまらない、門限破りの遊び人萌子…だからこ強引に引きこむのがたまらない、三つ編みメガネおっとりな志保…だからこそ勢いよく犯すのがたまらない、姉御系の朝美…だからこそ屈服させる過程がたまらない、ロリピンクの千秋…だからこそ現実を教えてやる感じがたまらない。。。うーん、いやホント凌辱系は範疇外なんですよ。でもこの伊頭家シリーズを心底楽しんでしまったからこそ、「凌辱系キライ」と言えなくなってしまいました。


エロゲ好きなら誰もが参考にする『批評空間』、「魅力的な非攻略キャラ」って項目あるじゃないですか。まぁいいゲームならば大抵は「このコが攻略できないのか~」ってキャラはいるわけですが、僕が今までプレイしたすべてのエロゲの中で最もそれを感じているのが、本作の「高部絵里」です。

このお嬢様集団の中にいながらにして、彼女はとても普通の子でありたいと願っていて、実際その言動は世間ズレすることなどまるでなく、とてもしっかりしたものです。そういったところも好感度が大きいんですよ。ヒロインとしての格が非常に高い設定なんですね。何度も何度も彼女を落としたい!と願いました。絵里を絶対陵辱してやるんやーーー、と臭作大先生と同化していた私はエルフの思うつぼです。

そして落とせない事実…orz、メインヒロインを落とせないなんて。ここは賛否両論でしょうが、だからゆえに本作がどこか格式の高いものになったことは間違いありません。

ちなみに後に発売されたDVD版では最後に絵里をレイプするシーンがあるみたいですね。ユーザーの要望が強かったんでしょうね~。ただ、これらの追加シナリオ分は評判が総じて悪いようです…がそれでも絵里とのHシーンがあるってだけでも金を落とす価値があるかも!

最後に臭作大先生ですが、前作遺作は完全に恐怖の象徴でしたが、本作は、セリフがいちいち面白く、ユーモアに富んでいる何だか憎みきれないおもろいオッサンです。まぁやってることはありえないくらいひどいんですけどね。


【音楽】
最後に音楽ですが、特筆すべきものはなし。ただ、陰湿な計画が暗躍している隔離された施設、って感じの雰囲気はよく出ています。


てなわけで凌辱ゲーの金字塔、臭作でした。
これ書いていたら凄くやりたくなってきたので、ちょっくらまたプレイしてみます。


関連レビュー: 遺作
関連レビュー: 鬼作



スポンサーサイト
[PR]

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。