FC2ブログ
エロゲ レビュー ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【河原崎家の一族2】
河原崎家の一族2

20090428215847bd6.jpg

メーカーelf
シナリオ■■■■■■■■□ 8.5
グラフィック■■■■■■■■■□ 9.5
キャラクター■■■■■■■■□ 8.5
音楽■■■■■ 5
袋小路■■■■■■■■■ 9
総合【B+】 78点

美しきバッドエンド

エルフ創始者にして、エルフ全盛期の屋台骨であった蛭田さんが関わった最後の作品と言われていますが、やっぱりエルフはこういう毒々しいのを作ってくれないといけません、ヒルタイズム満載の河原崎家2です。ちなみに「河原崎家の一族2」ではありますが、前作との因果関係などは何もなく、本作が河原崎シリーズ初プレイでも何ら問題はありません。

【シナリオ】
蛭田さんと、「媚肉の香り」で非常に良い仕事をする土天冥海さんがシナリオ担当です。当時は伏せられていたように記憶しているんですが、最近明らかにされましたね。

恋人杏奈の付き添いで、杏奈の叔父である河原崎縄綱の誕生会に同席することになった主人公優馬。向かうは人里遠く離れた山奥の洋館、そこに集うは縄綱を筆頭に、ひとくせもふたくせもある人間ばかり。やがて、仕組まれた悲劇へと転がりだす登場人物たち…この狂った洋館で起こる数々の罠を優馬や杏奈は無事切り抜けることができるのでしょうか!?


出来ません(泣) orz


というかネタバレですが、切り抜けられず杏奈を守れないまま死んでしまった優馬の霊魂が、延々と繰り返し惨劇に挑み続けている…というのが本作のカラクリとなっています。fate/hollowやスマガ、クロスチャンネルなど、ループものには名作が多いですが、本作もそれらの仲間入りをさせてあげて良いかと思います。非常によく出来ていました。

閉鎖された空間で狂人が追い詰めてくる展開は、エルフの右に出るものは無いくらいの十八番ですが、本作も例に漏れず凄まじき追い込みを縄綱が、稲垣が、美香がかけてきます。この河原崎家の3人はまさに理不尽と暴力と恐怖の象徴、洋館内を歩いていると突如現れるうえに、その追い込み方も段々と強引になっていきますので、ドッキドキですわ。

親戚一同はまだしも、ただ迷い込んでしまっただけの奈津子カップルなんて可哀想すぎます。とんだとばっちりを受け、挙句の果てにふたりとも殺されてしまうわけですからね。

主人公の優馬は、時には媚薬を盛られ暴走し、時には刺し殺され、何度も失敗しては最初の場面にループし、過去の失敗を生かし徐々に状況を打開していきます。この最良の未来を掴み取っていく過程は、ループものならではの醍醐味がありました。我侭男であるバカ智樹を味方サイドにつけた時や、前はダメだった稲垣や美香の罠をうまく潜り抜けられた時なんかはテンションが上がります。


基本的には一本道で、定められたエンディングに向けてループを繰り返していくわけですが、その最終的な正規ENDは、結局のところ「縄綱の思惑通り皆で心中させられていた」という事実が前提にあるBAD ENDという何ともビターな終わり方です。最善の道を模索しループし続け、やっとこさたどり着いたのがその結論ですんで、なかなかに報われないとも思います。

ただ、最終ループで味方全員を縄綱の屋敷から逃がせたことで、恐らく皆の魂は解き放たれたのだと思えますし、杏奈の霊魂と最後結ばれもしますし、その終わり方は非常に綺麗なので良しとしますか??完全無欠のハッピーではない切なさを残すエンディングは、まさに謳い文句どおりの「大人が遊ぶゲーム」でした。


ちなみに、エロシーンに妥協/余念一切ナシのエルフですんで濃いものばっかりなんですが、特に、杏奈が媚薬を盛られて縄綱に犯されるシーンはいやはや。エロゲ界屈指のエロシーンであると私は断言します。いやはや。


【グラフィック】
美麗CGのエルフですし、りんしんさんの原画もノリにノッています。女性はとてもかわいく、男性はとても気持ち悪く、描けています。一枚絵CG数も凄まじい数ですし、りんしんさんホントご苦労様でしたとしか言いようがありません。


【キャラクター】
ヒロインの杏奈がとにかく超イイ子でめっちゃくちゃかわいい。他、小悪魔的な真樹も相当かわいく(ロリコンじゃないですよ僕は)、女性キャラも皆総じて魅力的です。もう何とかして、彼女たちを何とかして守りたいわけですが、それこそエルフの思う壺、感情移入させたヒロイン勢はあの手この手で陵辱されてゆきます笑

その元凶となる、蛭田&りんしんが生み出した、縄綱・稲垣という男性キャラクター。彼らは実におぞましい…しかし、おぞましすぎる反面、もう「これぞエルフ!」といった赴きで小躍りしたくもなります。

また、河原崎家メイドの美香、よくよく考えてみれば本作の惨劇を経て唯一生き残ったのが彼女です。最後のループ時に老婆になった彼女が出てきますので…。結局あれだけ派手に暴れておきながら河原崎家と心中なんてハナっから考えていなかった美香、その後もうまく立ち回り生き続けていたようですね。ある意味一番怖いキャラは彼女だったのかもしれません。

縄綱なんかはスーパー狂ってはいますが、純粋ですので笑


主人公の優馬は、土天冥海さんが書いているんじゃないかな。アクの無さは良く言えば無難、悪く言えば少々魅力に欠けるところはありますが、エンディングを迎えた後は彼がとても愛おしくなること間違いなしでしょう。


【音楽】
おどろおどろしい雰囲気はよく出ていますが、歌モノがあるわけでもなく、あくまで目立たず裏方に徹します。エルフ作品は総じて音楽をそういった位置づけにすることが多いですね。まぁそれはそれで良いと思います。


というわけで河原崎家の一族2でした。
拷問系は正直しんどいところもありますが、作品としてはシナリオ、キャラクター共によく出来ていますし、グラフィックもエロシーンも非常に高水準だったりします。ラストはちょい凹みますが、とても良い作品でした。



スポンサーサイト
[PR]

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
はじめまして
おいらもエロゲーやり始めました。
98シリーズ以来だから随分遠ざかっていますが
この感想記録を読んで参考にしたいと思います
2009/06/20(土) 10:40:35 | URL | ランス #- [ 編集 ]
はじめまして~
>ランスさん
コメントありがとうございます!とても嬉しいです。

つたない記録ではありますが、お役に立てれば幸いです!
2009/06/22(月) 21:56:10 | URL | e-pro #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。