FC2ブログ
エロゲ レビュー ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【蒼天のセレナリア】
蒼天のセレナリア



メーカーLiar Soft
シナリオ■■■■■■■□ 7.5
グラフィック■■■■■■■ 7
キャラクター■■■■■■■■ 8
音楽■■■■■■■■ 8
冒険活劇■■■■■■■■■ 9
総合【B+】 76点

蒼空への夢と童心

いまやライアーソフトの看板ライターである桜井光さんのスチームパンクシリーズ第一作目、「蒼天のセレナリア」です。古き良き宮崎駿ファンタジーの影響を一心に受けた冒険活劇です。

【シナリオ】
「赫炎のインガノック」「漆黒のシャルノス」といった、後の名作に連なる設定を共有するスチームパンクシリーズ。蒸気機関の技術をもとにして大空を飛空挺が駆け抜けるその世界観は読む者を童心に返らせます。

特に、濁った自分たちの世界から「世界の水殻」を抜けて、青空の広がる新世界に到達する前半最大の山場での高揚感はハンパではなく、はじめてみる青空に興奮するキャラクターたちの心の動きには打たれるものがあります。

蒸気機関文明が発展し繁栄を成した世界、その技術は革新的に進んではいるものの、排水と排煙により汚染された空や水は黒く濁り、暗がりの世界が広がっています。飛空挺「ウルメンシュ」を自在に操り「何でも屋」として空を駆けるコニーとシェラの少女ふたり。彼女たちは、ある日一人の少女を助けたことで、絶対権力と戦力を持つ帝国に追われることになります。ウルメンシュで逃げる先にはこの世の最果てと呼ばれる「世界の水殻」…、戻ることもままならず、その先を信じて飛びこんだ彼女たちを待っているものは…。

と、いうのが第一章から第二章にかけての導入部分です。ここから未知の新世界である本編全八章に突入していくわけですが、スピード感のある展開と、ジブリ的な冒険譚は、好きな人は本当に好きでしょうし、かくある僕もかなり食い入るように読み進めました。

もとの世界と新世界セレナリアとの対比も非常にうまく、人間が暮らす濁った世界と、人型の鳥や虫が暮らす青く美しい世界、この対比に何の情報もないまま翻弄されつつも進んでいくコニーたちの姿の書き込みは見事なものです。次々と現れる未知の存在と事件に直面しながらも、ワクワクさせる冒険モノ王道の展開ですね。

ラストに向かうにつれ、黒幕の思惑や存在感もグイグイ増していき、おおよそ登場するほとんどの主要人物を巻き込んで、最後の山場と戦闘シーンに入っていく流れも非常にアニメ映画的で好感度大でした。

この世界観の見せ方と、最後まで暴れまわるキャラクターたちの書き込み、一番大事な要素ですが、これらは本当によく出来ていたと思います。しかし一方で、大事なところの書き込みがあまりされていないのも目につきます。

たとえば、コニーやシェラといったメインキャラクターの過去が比較的さらりと説明されてしまいます。大きな設定の割には、人物背景がほとんど説明されないキャラも多々あり。活躍は派手なだけにもったいないところです。ヤーロという物語最大のキーパーソンであるべき人物が、最後まで全然登場しないうえに、たいしたキーパーソンでもなかったというのも何だかなぁ。。。マウマウも途中途中で思考シーンが入るので何かあると思わせて特に何もなかったし。

それから、コニーたちが大行程を経て奇跡を起こしセレナリアに到達した、その壮大な煽りの割には、帝国空軍が「虹の道」を通ってラクラク到達できてしまって、ひょこっと登場してくるのは、正直興冷めでした。

ま、しかしながら、決して短いシナリオではなかったというのに、この手の冒険ものをテキストの力で最後までグイグイ引っ張れたのはたいしたものです。


【グラフィック】
クセのある原画師さんで、通常のエロゲーに比べてアニメ要素の非常に強い絵柄なので、人を選ぶかもしれませんね。アニメとして動いたら非常に魅力が増すのではないかな。

というか、本作はグラフィックに力がかかっているわけではありません。枚数が多いわけでもなく、エフェクトが非常に優れているわけでもないわりには、シナリオがジブリ的なものですから、かなりユーザーの想像力に委ねられる部分が大きいんですね。これはプラスなのかマイナスなのか何ともいえないところですが、もし本作がアニメだったらさらに世界が生きてくるのではないかな、そう思います。

あ、あとMAPシーンですが、これはやっぱり余計だったなぁ。
本作は、燃料と積荷コストによって制約を受けた行動ポイントを消費しつつ各街を目指すというゲームシステムが導入されているのですが、別にこのゲーム部分がシナリオに影響を与えるわけでもなし(与えていたらいたでそれもまたうざったそうですが)、実に中途半端な位置づけになっています。


【キャラクター】
この作りこまれた世界を駆け抜けるのにふさわしい、アッパーで魅力的なキャラが盛りだくさんです。まず主人公のコニー・イル・リクール、かなり魅力的な主人公です。冒険譚にふさわしい、行動力と判断力と、思いやりに心を痛める優しい心を持っています。女性ながら、週刊少年ジャンプの主人公たる資質を持っているといって良いでしょう。

サブヒロインである獣人プセールのシェラ・マキス、天真爛漫な獣人という設定は個人的にはなんも響きませんが、彼女もなんかしらの大きな設定があるだろうとは思っていましたが、やはり最後に到達する水都のプセール女王一族の末裔でした。でもそこの書き込みもっとほしかったですね。

それから、帝国知能をつかさどる碩学の人間たちが皆いい味を出しまくっています。悪役も悪役たる素質を発揮しますし、キャラ造形はかなり良く出来ていますね。最初から最後まで芯を貫き通して男だった提督マタイオスや、その登場のインパクトと散り際の熱さが残るバベッジ、終盤の要のキャラであったレイディ・エイダ…あ、痛キャラだったルビーマンもですね笑。脇を固める布陣の立ち方というか、主役たちを喰わないながらも存在感をはっきり主張するバランスの良さは素晴らしいです。

強いて言えば、コニーの相手となる、ヒーロー役であるカルベルティが唯我独尊すぎたかな。彼の強情さに翻弄され続けるコニーがちょいとばかし可哀想でした。

あ、そうだ。あと音声が重要シーンに女性のみ、というのはやっぱりもったいなかったなぁ。といいますのも、本作は男性キャラが非常によく立っていますので、全体的に音声があるべきだと思いました。ここはちょいとマイナス点ですが、キャラ点は8.5点以上は確実にあると思っていますから、音声なので音楽点から引いときます。…というか、本サイトそんな厳密に得点設定していたの?というのはさておき。。

しかし金田まひるさん、4役ですか??
凄すぎますね。全然わかりません。

【音楽】
OPの「ジュブナイル」がまず良いです。終盤の戦闘シーンで、これをアレンジした曲がかかるシーンもなかなか良いです。数は少ないのもったいなかったですが、全体的に、ファイナルファンタジーのようなRPG的な曲が多くて世界観に貢献しているのも◎。童話部分で流れる「オルゴール」、展開が一気に動く時によく流れていた「VS帝国」など、良曲が多いです。


以上、蒼天のセレナリアでした。元世界のドロッとした部分よりも、新世界の突き抜けた爽快感を優先的に描いた作品、本作はそれで良いと思います。スチームパンクシリーズは、次作以降で世界観を深く描いていますので、オッケーでしょう。スカッと楽しめました。



スポンサーサイト
[PR]

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。