FC2ブログ
エロゲ レビュー ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【鬼哭街】
鬼哭街

kikoku.jpg

メーカーNitro+
シナリオ■■■■■■■ 7
グラフィック■■■■■■■■ 8
キャラクター■■■■■■■□ 7.5
音楽■■■■■■ 6
アクション■■■■■■■■ 8
総合【B】 71点

最強武侠映画

虚淵節炸裂のサイバーパンク武侠ノベルとのこと。phantomでもヤクザやマフィアを扱いましたが、彼はこういった裏社会を好んで描く傾向にありますね、映画志向な故でしょう。サイバーパンクは好物なので、中途半端なことをやられると気になってしまうのですが、虚淵さんの作品は安心して読むことが出来ます。

【シナリオ】
派手なアクションシーンも多々ありますが、全体的にはとても陰な雰囲気に満ちています。最後もBAD END的なHAPPY ENDというか、彼らが良ければそれはそれでHAPPY ENDなのかな、といった趣き。

舞台は未来の上海、サイバネティクス技術が現在よりも進歩し、人間の肉体や思考などに機械や電子技術を介在させることで、その能力を格段に向上させる仕組みが確立された時代。主人公の孔濤羅(コン・タオロー)は、生身の拳法でサイバネティクスに対抗できる「電磁発勁」の使い手として名を馳せた暗殺者。ある日、仲間の裏切りにより瀕死の重傷を負うタオロー。生死の淵をさまようこと一年間、戻ってきた上海で彼を待っていた事実は、裏切った仲間たちの組織乗っ取りと、最愛の妹、孔瑞麗(コン・ルイリー)の死。さらにルイリーは仲間たちに暴行・惨殺された挙句、その意識を分割され、5体のガイノイド(アンドロイド)に転写されているという事実。怒りと復讐に燃えるタオローは、かつての仲間たちへの復讐と、ガイノイドの奪取に向けて、孤独な戦いを始めます。

という雄々しい話ですね。プレイ時間は数時間、シナリオは一本道で選択肢はありませんので、手軽に読める電子ノベルとして捉えて下さい。キャラクターの構図も非常にわかりやすく、また、ひとつ復讐を果たすごとに区切りが入る章立てになっていますので、スッキリ整理された中で読み進めることが出来ますね。

個人的に好きなシーンは、呉榮成(ン・ウィンシン)戦闘型ガイノイドとの戦闘シーンと、元兄弟との戦闘シーンが熱かったですねー。演出の巧みさというのもありますが、やはり虚淵さん、戦闘の絡んでくるシーンは印象強いです。

意識や魂の電子化、分配、統合といったサイバーパンクならではなテーマもしっかり話の中心に噛ませ、ラストシーンもその設定に乗っかったエンドですので良かったですね。この手の作品は、設定だけは面白いのに、物語を通してみると「別にサイバーパンクでなくても話は構築できたんじゃ」という類のものもありますからね。

それから、主人公がものすごい暗くて言葉少ななうえに、第三者の視点から物語を進めますので、どうも心情が見えにくいでのはという危惧があったりもしたのですが、彼の心の動きはとてもよく描かれています。特に、戦いの代償で確実に死に近づいている反面、魂をひとつひとつ取り戻し少しずつ本来の彼女に近づいていくルイリーを見て信念を奮い立たせる姿には打たれるものがあります。

ただ、敢えていうならば、登場人物と派手さの割には、物語全体としては比較的短期決戦です。もう少し風呂敷広げてもうまくいったように思えますし、大作なりえたようにも思えます。まぁ敢えてあれくらいの尺にしているような気もしていますが。



【グラフィック】
原画はニトロプラスのハードコアな世界観創出には欠かせない中央東口さん。戦闘シーン一枚絵のかっこよさは異常です。熱くバトルしてるシーンの方が多いというのもエロゲーらしからぬところです。物語上必然的な陵辱シーンは申し訳程度にありますが、18禁絵やその手のシーンもほとんどないし。ま、本格的なエロゲーをこの作品に求めている方なんていないと思いますけどね笑

昔のソフト且つノベル形式なのでシステム周りは快適とは言えませんが、まぁそこは低予算で制作したライトゲームなのでしょうし、致し方無しでしょう。


【キャラクター】
なんといっても主人公のタオローでしょう。強すぎる。唯一の生身でありながら、圧倒的な強さを見せ、敵対するサイバネティック拳法家たちをバッサバッサ倒していきます。そして暗すぎる。重度のシスコンです。

敵の幹部が5名出てきます。最初に出てくる樟賈寳(ジャン・ジャボウ)こそ見た目のかませ犬感通りに速攻で退場しますが、どのキャラもよく立っています。個人的には、戦闘要員ではなく技術者として成り上がりを果たした呉榮成(ン・ウィンシン)の人間味やサイバーテロリストっぷりが好きでした。戦闘能力のない彼との戦闘シーンが正直一番面白かったし、彼のガイノイドも気持ち悪かった。 それから幹部ではありませんが、かつての同志、元兄弟がとてもかっこよかったですね。彼らの忠義ぶりや、戦闘シーンでの登場の仕方などは、他の幹部以上においしいところを持っていった印象です。

そして、かつてのタオローの兄弟子であり、さらにルイリーの婚約者、本作ラスボスの劉豪軍(リュウ・ホージュン) に関しては、非常に報われない可哀想なキャラクターであったといえましょう。一元的な敵として存在させたのではなく、理由があり同情の挟む余地を持つ敵として描かれた部分は非常に評価したいところです。ルイリーが兄を愛しているがゆえに、婚約者でありながらも茅の外であった彼の心情は慮られるべきでしょうが、静かに確実に狂ってしまった憐れなキャラでした。

最後に、妹ルイリーですね。彼女は悲劇のヒロインでもあり、物語の元凶でもあり、したたかに幸せを手にする者でもあります。彼女の存在が本作の核にあります。ラストは彼女の執念というか、ある種狂気めいたものが見え少し怖くはありましたが。


【音楽】
古い感じなのですが、アップテンポで煽るタイプの燃えるBGMが多いです。メニュー画面からのエキストラで単曲で聞くとどれもパッとしないのですが、ゲーム内での演出とあわせてみると俄然生き生きとしてきますね。特に、ウィンシンとのカーチェイス(?)シーンは燃えました。


てなわけで鬼哭街です。
熱いです。サイバーパンクです。よくできています。読後感はビターです。

  

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。