FC2ブログ
エロゲ レビュー ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【大悪司】
大悪司



メーカーALICE SOFT
シナリオ■■■■■■■■■■ 10
グラフィック■■■■■■■■■■ 10
キャラクター■■■■■■■■■■ 10
音楽■■■■■■■■■□ 9.5
睡眠不足■■■■■■■■■■ 10
総合【神】 99点

大熱中祭

僕のエロゲ人生の中で、最長プレイ時間を誇るエロゲです。はじめてプレイしたのは大学生の夏頃で、当時は連日徹夜徹夜徹夜徹夜徹夜……。なんともったいないことをしていたのでしょう……と言うとでも思いましたか?? 充実した日々でした笑。

やりこんでもやりこんでもコンプリートが見えないボリューム感。鬼畜王ランスのシステム系譜を受け継ぎつつも、ランスシリーズではなく完全オリジナルとしてリリースされた本作、奇抜な設定にシナリオ、魅力を持った主人公とクセのあるキャラクターたち、そして何よりもやり込み要素の深すぎるゲームシステムと、当サイトにて神作品の評価を与えるにふさわしい作品です。


【シナリオ】
架空の世界、男性上位国家であるニホンが、女性絶対主義であるウィミィとの太平洋戦争に敗れるところから物語は始まります。南地への出征にてニホンを離れていた極道「わかめ組」の若頭山本悪司は、戦争の終結とともに故郷オオサカへ帰郷しますが、そこで待っていたのは、ウィミィ女性優位の思想のもと、女性幹部に乗っ取られた組の現状でした。組に居場所は既になく追い出されてしまう悪司ですが、弱小の地域奉仕青年団を手始めにのっとり影番を務めると共に、わかめ組の奪還、そして先にあるオオサカ制圧に乗り出します。


……という非常に面白い設定を持っていますね。

最初は、市会に賄賂を送り犯罪行為を黙認させることで、敵対するわかめ組との抗争を始めるところからスタートしますが、その後も別勢力が次々と台頭してきて、抗争の日々に明け暮れることとなります。どういった動きを取るかによってストーリーや各キャラの行動は様々な形に分岐し、最初の抗争相手であるわかめ組ひとつとっても、比較的穏便に悪司の下にくだる流れもあれば、女性幹部が軒並み不幸な目に合い四国からの助っ人であった狂人に組を乗っ取られる流れもあります。行動によっては、メインヒロインの一角であるわかめ組所属、加賀元子ですらも死亡してしまいますし、様々なキャラの境遇が悪司の指示、行動次第で変わっていくさまは、何周ものプレイ地獄を確実なものとします笑。


地域制圧シミュレーションではありますが、シナリオはしっかりしており、百人以上にも渡るユニークユニットの多彩さに比例して、イベント数も本当に豊富です。

ヒロインは6人いまして、マルチエンド形式を取ります。ひとりは中華料理屋「水陸両用」で働く白民華。悪司の想い人であり、ヒロインの中で唯一カタギの世界に生きている女の子になります。ゆえに、彼女と結婚すると売春宿が開けなくなり、資金繰りがしんどいことになるのが厳しく、ゲーム的にもつまらなくなってしまいますね。アクの強い悪人だらけの本作にとって、非常に存在感の薄いキャラであり、ヒロインの中でも位置づけとしてはメイン格なのでしょうが、ほとんど印象に残らない薄幸のヒロインかと思います。ちなみに水陸両用には民華の友人として見当かなみを仲間に出来るため、かなり上がりますた(しかもランスシリーズに反して、強いw)。

悪司の幼なじみであるわかめ組の加賀元子、僕は彼女が殺ちゃんの次に好きです。彼女はシナリオの展開上、輪姦されてしまいます。気丈で力強い彼女がそのトラウマを抱えながらも悪司に寄り添う構図はたまらないものがあります。単純な萌えではない、複雑な事情の上に成り立つ萌えはなんともいえない愛着を沸かせますね。エピローグは清々しいもので、救いがあり良かったです。

戦犯として軟禁状態にあるニホン軍の乃木大将の孫娘、乃木喜久子。祖父同様、広い視点と気丈な居振る舞いで悪司を惹きつけていきます。特にこれといった山もありませんが、乃木家に通い、大将と親睦を深め、大将の戦犯処刑や結婚などを経て、エピローグは幸せな家庭を築くといった比較的温かなシナリオです。

ウィミィ日本支部の空軍士官、プリシラ・ヴァドル。戦時中に悪司に抱かれ、彼のことを忘れられないで入るツンデレ。彼女とのエンディングはハードボイルドしていていい感じです。

イタメシ屋で働いているイタリアンマフィアのアンリ・ペロリ。民華ルートクリア以降に、民華、ペロリを選択することで水陸両用の代わりに彼女のルートに入ることが出来ます。悪司の恋人や、料理店の従業員という設定など、民華の裏ルートといった位置づけでしょうか。その正体は悪魔で、人間界のみならず魔界制覇に乗り出すエピローグです。ちょっと蛇足感ありますかね。

そして最後に人間凶器、岳画殺。年の程は中学生くらいなのでしょうが、祖父山本一発の娘であるため、親等的には悪司の義理の叔母にあたります。小さく可愛らしい外見ながらも、ロケットランチャーを用いたゲーム内屈指の攻撃力と年齢不相応な冷静さなどから、アリスソフトが生み出した名キャラクターとして非常に高い人気を誇ります。もちろん僕も大好きなキャラです。


まぁ、こういった作品でのシナリオは、よくあるエロゲのように読み込む物語というよりはゲーム全体の中のいちパーツとしてうまく機能しているイメージです。各イベントでのテキスト量はそう多いものではありませんが、アリスソフトならではな超秀逸なゲームシステムを活かすためのバランスのよいシナリオですね。ひとつひとつのイベントは、濃いキャラをベースにした笑いありほろりとした感動ありの粒ぞろいです。



【グラフィック】
システムが肝なのですが、せっかくなので詳細に書いておきましょう。

ゲームシステムは非常に秀逸です。ターン制になっていまして、まず参謀役の島本から管理地域の情報、活動報告があります。次に地域フェーズ、これはマップ上でのイベントフェーズになりますね、一番の肝の部分です。各地域で起こっているイベントを選択実行することで、そのイベントを進行させます。地域自体で起こっているイベントもあれば、特定のキャラを特定の地域に配置させることにより発生するイベントもあります。それは、シナリオの流れを決定づける重要なものや、仲間を増やすもの、どうでもいいものまで万別です。考えながらイベントを選択することになりますね。


次に部下フェーズ、ここでは仲間のパラメータを上げたり女性キャラをこましたり(やったり)できます。仲間は、バトルの際に重要になる戦闘能力や、配置されている地域を治める統治力はもちろんのこと、男ならば忠誠心、女ならば愛情値というパラメータがあり、これは放っておくと下がっていき離脱・謀反につながりますので、このフェーズやアイテムなどを駆使して自軍の士気は常に高いものにしておかなければなりません。まあ、なかなかうまくいかないもんですが。


次に、調教の館を建てていれば、売春宿フェーズがあります。3人いる変態調教師(タマネギ、小春、千住)をどの売春婦につけるか、誰を店で接客させるかなどを設定します。女性キャラならば大抵売春婦として金稼ぎを強要することが可能で、その売春宿の毎月の売上は自組織の資金源としてははずせない要素となっています。さらに、売春宿専用の調教、売春イベントも多くの女性ユニークユニットに用意されておりますので、どうしてもそのあたりも攻めたくなってきてしまうのですね~。前のプレイでは戦闘要員としておおいに活躍したキャラを、次のプレイでは買春イベントの回収ために売春婦としてしまう……そんな鬼畜な流れを当たり前のように行なってしまう笑。

少し逸れますが、次作「大番長」も名作ですが、やはりそれでも大悪司を推してしまう理由は、肩の抜け具合や遊びのシステムがどうしても大悪司のほうが優れているから、ですね。特にこの「売春宿」制度の画期的さといったら凄い。大悪司はヤクザものがメインキャラですので、賄賂、風俗、強盗、強姦、殺人……と当たり前のように犯罪事が主人公サイドでも横行しており、こういった要素がゲームの面白さを底上げしているのは間違いありません。


そして戦闘フェーズですね。任意に地域配置した部下を駆使して敵地域を奪いとるもよし、何もせずに成り行きを見守るもよし。他地域に攻めこむには大きな出費がありますし、負傷をすれば回復のためにやはり出費があります。戦争はお金がかかりますね。懐事情や仲間の体力を考えながら自陣を増やしていきます。


そしてこの戦闘システムがまたよく出来ているんです! 説明が難しいんですが……。一度の戦闘では、その戦闘になった地域にいる、味方、敵で人数が多い方の組織のキャラの人数分、タイマン戦闘を行うことになります。わかりにくいですかね。例えば、悪司勢力が4人配置されているある地域にて、敵勢力5人が攻めこんできた場合などは、5回分のタイマン勝負が行われます。

一回の勝負では、その地域に配置しているキャラが戦闘可能なわけですが、基本的にタイマンは、各々の攻撃のぶつけ合いです。またキャラごとの特性として、近距離、中距離、遠距離の3パターン、攻撃距離が決まっています。距離の長い方が先制して攻撃出来るとともに、本作、自分の攻撃が直撃すると比較的高い確率で相手攻撃の無効化が発生するので遠距離なほど有利……かと思いきや、キャラのパラメータ要素として回避率というものもあり、さらに攻撃力も単純に近距離なほどに高いので、これもまた選択を考えなければなりません。また、各ユニークユニットは、色々なパラメータや要素を無視する必殺技を持っていたりしますので、それの使いどころも見極めたいところです。

そして捕獲システムというものがあり、これがもうゲームとして凄い秀逸。イベントの流れで仲間になるキャラも勿論いるのですが、大抵の敵キャラは戦闘フェーズの中で、HP10以下で戦闘を終えさせて捕獲することが仲間にする条件なんですね。で、これがなかなか難しい。そもそも仲間にしたい敵が都度タイマンに出てきてくれるとも限らないし、与えるダメージが少ないと戦闘自体に勝利したとしても当然捕獲できません。逆にダメージを当てすぎてうっかり殺してしまったりもしますので、ただ攻撃力の高いキャラばかり揃えてガチンコに敵勢力を撃破すればいいというものでもないのが戦闘フェーズのやり込み要素の肝です。防御系のキャラ、攻撃力の低いキャラ、相手への攻撃力を極端に抑える「手加減」攻撃の使えるキャラなどをうまく配置しないと、なかなかうまいこと仲間を増やすことができません。仲間にしたいキャラを捕獲出来たときの高揚感ときたら凄いですよ!!

そんな戦闘フェーズを経て、最後に他組織フェーズで他組織内で進行しているイベントを見て1ターンです。盛り盛りだくさんですね。


シミュレーションゲームとしての難易度も絶妙な適度さで、易しすぎず難しすぎず。敵対組織も複数ありますので、2周、3周目でのシナリオ変化や追加キャラクターなどもあり、やり込み要素はあまりにも深い!廉価版が出ている今となっては最強のコスパゲームかと思います。


ゲームシステムは以上。次にグラフィックですが、一枚絵の圧倒的な多さはたいしたものです。アリス大作は看板原画家が総出でキャラ分担しますが、どの原画家さんも本当に魅力ある絵を描く方なので、安心できます。色々なタイプの絵を見ることができますね。ただまぁ拷問系の一枚絵は見る方もしんどいなあ、って絵が結構ありますが……。


【キャラクター】
主人公は山本悪司、ランスか悪司かってほどにアリスソフト随一の魅力を持ったキャラですね。外見的に優れているわけではないのですが、フィジカルもメンタルも尋常ではなく、性格も豪傑ならば女性の扱いもお手の物、というまさにあらゆる道を極めた文字通りの極道です。

キャラクターは上記した通り、ユニークユニットだけで100名以上登場するため、敵味方含めてあまりにもバラエティに富んでいます。当初の悪司まわりの勢力に加え、敵対勢力はわかめ組、高山組、ピーチマウンテンといったヤクザもの勢力から、那古教といった宗教団体、そして現在のニホンを統治下におくウィミィ……と、組織も多岐に渡ります。もちろん各組織に属さない単独のキャラクターも多数います。

そのなかでも特に印象に残っているのは、女性ユニットですと、上記ヒロイン群の殺ちゃん、元子。それから、市議会の山沢麻美、デザインも超かわいく正義漢のある彼女が不幸な目にあうのはたまらんです。しかも戦闘要員としても超優秀。あとは元子もそうですが、わかめ組女頭のや幹部の晴子、そしてPMのリンダ支倉姉妹などのヤクザもの女性陣がかっこよかったですかね。那古教の凄腕土岐遥は可愛くてキャラも凄く好きなのですが、仲間にするのが大変な割にはにエロシーンが萎える系で残念。

男性ユニットで好きだったのは、悪司もそうですが祖父の山本一発がまた凄まじい。あまりの強さに反則キャラというか、裏キャラ的な位置づけにいる彼ですが、悪司以上の豪傑ぶりは気持ち良かったですね。戦闘力が高くて印象に残っているのは、悪司のお目付け役だった大杉や、わかめ組旧幹部の加賀のおっちゃんですかね。それからゲーム途中で雇える傭兵たちはどのキャラもデザインと設定が立ちまくっているうえにめちゃくちゃ強いので、サブのさらにサブでありながらも全員印象に残っています。あとは戦争のトラウマで死にたがりになってしまい、実際ほっておくと自殺してしまう長崎旗男さんとか使い勝手がよくて印象にありますね。でも戦争未亡人と恋に堕ちると自殺しなくなるというのもいい話。初期に仲間になる不良高校生鬼門始も使い勝手が良かったですかね。悪司の成長と連動して成長するのでほっといても強くなります。あとはシナリオによってはわかめ組を乗っ取る素敵医師ですか。ヤク漬け&包帯でミイラ状態というデザインも強烈でした。

【音楽】
音楽はShadeさん……ではないのですね。DragonAttackさんですね、Shadeリフの印象が強烈なアリスソフト作品ですが、武侠ゲームで派手な演出も十分なアリスらしいBGMの数々です。既に凄いのですが、まぁこれでShadeさんだったらさらに凄い熱いことになってたのかも、とどうしても思ってしまったりもします。…が、まぁそれは野暮ですね。十分な出来だと思います。


以上、大悪司でした。
しかしかつてこんなに面白いエロゲがあったでしょうか。 ここまではまったのはFF、ドラクエシリーズかクロノトリガーかくにおくんシリーズか……。そういった往年の名作ゲームに並べて名前を挙げたくなってしまうエロゲなんです。


関連レビュー: 大帝国



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。