FC2ブログ
エロゲ レビュー ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【放課後マニア倶楽部】
放課後マニア倶楽部

c335285package_s.jpg

メーカーLIBIDO
シナリオ■■■■■ 5
グラフィック■■■■■□ 5.5
キャラクター■■■■■■ 6
音楽■■■ 3
合わせ技■■■■■■■■ 8
総合【E】 48点

連合怪作

前作『放課後恋愛クラブ』の外伝的作品になりますかね。登場人物はすべて同じなのですが、シチュエーションや目的がまるで違います。そもそもハードな抜きゲー専門だったリビドーにとって純愛ゲーだった前作があまりにも異色だったわけですが、その前作ヒロインたちを陵辱するというコンセプトで本作を投下してくるとは大変恐れ入りました。

【シナリオ】
前作では主人公の友人だった小太郎君が本作主人公であり、隠された変態属性がプラスされています。表向き安穏としているものの本来の彼はかなりの下衆野郎でして笑、虎視眈々とヒロインを毒牙にかけようと狙っています。ストーキング、脅迫、陵辱とやりたい放題の彼自体も前作とのギャップが半端じゃないですね。ゲームとしての完成度自体は難ありですので、本作だけプレイしてもあまり意味はなく、純愛モノであった前作があるからこそ、この作品はキラキラと輝くんですね笑。

ですので前作プレイは必須です。いや、いまさらプレイする人なんていないか笑。必須でした。


前作同様のシステム、同様のヒロインながら、彼女たちとの仲を深めていく同じような過程の果てに変態行為へとたどりつくという前作合わせ技の設定は大変評価できます。ヒットした前作の馴染みあるヒロインたちを、容赦なくマニアプレイの餌食にするこの恐るべし発想、登場人物が全く同じということもあり、彼女たちがエロの毒牙に侵食されていく様子は非常に背徳的且つ興奮度も高く、その構成に感心したのを今でも覚えています。さらに本来の主人公を横目にその友人が堕とすという、NTR好きな僕にとっても胸熱の展開であり、まぁそれは個人の嗜好としても、少なくとも設定勝ちにより前作を超えた作品であると思っています。

何がうまいって、前作で純愛イメージが定着している子たちを陵辱してゆくんですからね。いわゆる凌辱ゲーって、最初の時点からヒロインへの感情移入ってそんなにできないじゃないですか。もう凌辱確定なわけですから。だがこの作品はなんか違うんです。純愛ゲーの前作があるからこそ、どうしてもヒロインたちにはまっさらなイメージがあるわけですよ。それをマニア道へ引き込むこの鬼畜さと妙な興奮……!


例えば、皆さんのよく知る純愛ゲーのヒロインたちが、容赦ないエロに襲われるヴァージョンのゲームが別途発売されたとしたら……買う人は挙手です。同じ絵師同じメーカーですよ。




……ほぼ全員が手を挙げてくれましたが、ここに同人誌を制作する人との共通の原動力を見た気がします。


とはいえ、まあゲームとしての質は前作と推して知るべしで、ストレスフルな劣悪システムと淡々としたシナリオはやはり退屈極まりなく、前作を基盤としているだけにエロも絵やテキストの派手さは全くなかったんですよね。まあ、前作のシステムに新しい素材を乗っけるだけで安価に制作したんだろうな。SM、近親、スカトロ、輪姦……と内容こそだいぶコアではありましたが、正直ほとんど記憶に残っていません。もしかしたら好きなヒロインの痴態にショックを受け記憶から消去しているだけかもしれませんが。

しかしそういった手抜きを逆手にとったこの設定は非常に面白かったですね。



【グラフィック・キャラクター・音楽】
原画は前作同様JOY RIDEさん、Win版黎明期に発売され美淡なグラにより目立っていた前作と変わらぬ魅力を持っていますね。見るからに純愛路線の絵柄ですが、彼女たちは皆マニアプレイを強要されています笑。

そしてキャラクター性の立て方、こういう立て方もあるんだなあ、と感心しますよね。本作のみだったら別になんてことないのですが、前作があるからこそ本作で妙な魅力を放つヒロインたち。設定により、キャラクター性が増しているというのはおもしろいことです。

音楽は前作同様たいしたものではまるでありません。


以上、放課後マニア倶楽部です。
本当に発売当時は話題になったようですね。その戦略といいますか、設定の巧みさといいますか。発売時は僕は知らなくて、だいぶ後になってこのパッケージを見たんですが、一瞬パッケージ刷新の廉価版かなんかが出たのかと思いました。

しかしこれ笑

関連レビュー: 放課後恋愛クラブ



スポンサーサイト
[PR]

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。