FC2ブログ
エロゲ レビュー ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【るいは智を呼ぶFD ~明日のむこうに視える風~】
るいは智を呼ぶFD ~明日のむこうに視える風~



メーカー暁WORKS
シナリオ■■■■■■□ 6.5
グラフィック■■■■■■□ 6.5
キャラクター■■■■■■■■ 8
音楽■■■■■■■ 7
主人公補正■■■■■■■■■ 9
総合【C+】 69点

男の娘ゲーは高みへ登る

08年ダークホースであった「るいは智を呼ぶ」のファンディスクです。サブキャラだった恵、央輝、宮和に焦点を当てた3つの個別ルートが描かれ、また本編にてぼかし気味だった恵の呪いや麻耶の真意などが明かされます。

本編とは別軸の物語を描いておりボリュームも申し分なく、FDとしては正直出来がいいですね。各ヒロインとのアフターを描くFDがFD足らしめられている中、そもそもキャラゲーに食指があまり動かない僕にとってはこういう構成をとっているのがファンディスクの正しい在り方だと言いたいです。

どうしても前作プレイ済み前提の文章になってしまいますので、それを踏まえて読んでいただければ。


【シナリオ】
男の娘主人公の和久津智とまわりに集った5人の少女たち。各々は、人間の領域を越えた能力と、踏んではいけない呪いを併せ持っています。例えば皆元るいであれば、人外魔境な身体能力を得るかわりに、未来の約束をしてはいけない、などですね。加えて同じ運命を持つ本編サブキャラだった尹央輝と才野原恵。彼女たちを交えてシナリオは別の方向に進んでいきます。

本作は、本編共通ルートのパルクールレースを終えたあたりを起点としていますね。だいぶ序盤からの再構成ストーリーとなりますが、一応本編の伏線回収ルートであった茜子ルートまで見ていることが、ある程度前提になってきますね。まあ本編をやらずにFDだけやる人などまずいないと思いますが……。

メインストーリーから分岐するのは、智の学友宮和、裏社会に生きる央輝、謎めいた言動で智たちと関わる恵。本編でも人気がありシナリオ的にも重要であった彼女たちのルートがあるのはFDならでは。


本編ラストで明らかになっていた、様々な未来から望む未来を手繰り寄せる智の双子の姉である麻耶の能力を仕掛けに使ったシナリオ群。ギャルゲーの特長であるルート分岐という仕組みをシナリオに絡ませたのは評価です。彼女が見せたいくつかの未来分岐が各シナリオとして展開されるというカラクリで、本編のストーリーですらもその一端であるという設定ですね。

央輝ルートが個人的には好きでしたかね。んなぜならば!本編の央輝はそのツンケン具合が最高に光っていたため、智と恋人になるツンデレ央輝は全俺待望の展開だったからです。シナリオ自体は彼女を仲間に引き入れていくという地味なものでしたが、兎にも角にもキャラが萌へる!

本編トリックスターの恵ルートは、その人の命を奪うことで自分の命を繋いでいく能力という設定から、詰んだ展開しか想像できませんが、最後は智が殺人を肯定して二人で生きてゆくという陰りのあるものでした。本編では恵は死にますので、ある意味恵の救済ルートではあるのですが、どうにもやりきれないですね。

この恵の存在があったからこそ本編は名作になりえたといっても過言ではありませんでしたが、FDに関しても恵あっての作品でしたかと。

終幕、智、恵、麻耶の3人しかいない世界での演出は良かったですね! 本当は既に死の運命内にいる恵、本当はもう人として破綻している麻耶との、刹那的な世界の中での奇跡的な心の通わせ合いは何とも切ないものがありました。

本作、結局言いたいことはとてもシンプルで、自分はひとりでは生きていけない……違うな。自分はひとりでは生きていたくない、という答えを最後まで追いかけ続けるシナリオでした。希望を追いかけると絶望もついてくるが、自分はひとりではない。呪いこそあるが皆もいる。悪があるからこそこの世は美しく成り立つ。そして、そんな世界を敢えて選ぶ。

つまり麻耶は、智と麻耶ふたりだけの平和な世界を智に提示するのですが、智は例え呪われていたとしても仲間たちと生きる道を改めて選ぶのですね。

まあ、シナリオ的にはやはり本編の方がはるかに優れています。結局のところは非常にシンプルでまっすぐなテーマなところを、それを回りくどく時間をかける構成にしてテーマに向かっていった感は否めません。ただ、その過程で見せてもらった、智をはじめとした同盟メンバー、恵、麻耶、央輝の魅力を引き出すという意味では、実にFD的であり、これで良かったように思えます。


【グラフィック】
グラフィックは特に変わらずで、特徴こそありますが問題なく世界観を演出しています。ただ、智のコスプレや智をメインにおいたHシーン絵など、智の魅力を引き出すための絵が多かったようなきがします。やっぱり智が一番人気あるんでしょうねえ笑。

【キャラクター】
FDって、作品をまたぎますので、俄然キャラへの愛着が湧くんですよね。特に智といったら、その可愛さに拍車をかけていて、本当に男であることがもったいない笑。なんなんですかね、この可愛さは……男の娘という意外性とかそういうのをはるかに超えた高いところにいますよね、彼女は。いや、彼は。いや、彼女は。

そして同盟メンバーが全体的に地味なのは変わらずで、特に本作彼女たちに焦点のあたる展開はありませんので、余計に影が薄いです。本編でも魅力を放っていたサブキャラの尹央輝、才野原恵がこのFDにおいても突き抜けた魅力を放っていました。

また、初登場のキャラも何人かいますが、良かったのは央輝まわりのキャラですね。大陸同郷、別勢力リーダーの姚任甫さんは「男の娘」大好きなカリスマにて智の隣人という完全なる設定勝ち。央輝の養父の不器用な優しさも良かったですし、そう考えると央輝ルートはキャラで魅せた感じがありますね。

あ、それからですね。本編では無声だった智に対して佐本二厘さんが声を当てているのですが、これが滅茶苦茶いいのです! 彼女の出演作は何本かプレイしていますが、僕の中では本作智の演技が群を抜いていますね。

【音楽】
歌付OPとEDは新規の曲ですね。挿入歌も1曲あります。ただ、本編OP曲「絆」のメロディラインが相当に高レベルだったこともあり、どうしても比べてしまいますね。でも全体的には出来はいいです。新曲、旧曲おりまぜながらいいバランスを保っていると思います。


以上、るい智FDでした。
いや、なんといいますか。
つまりですね、えーと……。

智かわいいよ智


関連レビュー: るいは智を呼ぶ


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。